Tweet のんたん麺 猫と旅行と食べ物のブログ

旅する猫のブログ (猫同伴旅行ブログ).猫OKのお店,温泉,ドライブを紹介.1匹の猫と主人達の旅先の記録.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千円札から覗く,日本の研究界の苦難?

こんばんは!
福島は今頃,冷え込んでますよ.
冬将軍が早くもやって来たとか来ないとか…

ninki-nontan


この日も,会津地方は寒かったです.
ラーメンとソースカツで暖まったところで
レンガ通りを下ります.
レンガ通りは
野口英世青春通り とも言うのでしょうか?
レトロ感満載の素敵な通りがあります.
renga st

ハイカラさんっていう小さなバスも走っているんです.
かわいいでしょ?

haikara


ここには野口英世青春館 というのがあります.

彼の指を治した医院の跡地に
野口英世ゆかりのものを展示しています.

aiyou Hospital

日本の最もよく使用される札,1,000円札の顔,
野口英世博士

明治の細菌学者です.
黄熱病や梅毒等の研究で有名ですね.

ここでちょっと伝記.



貧しい農家に生まれた英世(清作)は1歳の時,囲炉裏に転倒し
左手に障害を負います.

優秀は彼は,高等学校へ進学.
しかし,左手の障害がハンディである彼に
多くの募金が募られ
アメリカ帰りの医師・渡部鼎によって
彼は癒着した左手の手術を受け
不自由ながらも指を使えるようになるのです.
これを機に,医師を目指すことになります.
その病院が,この野口英世青春館のある場所になるそうです.

aidu-ichiban-kan




この病院の書生や
現在の東京歯科大学の書生として
給与を受けながら医師免許を取得し
後にアメリカのロックフェラー財団の医学研究所で
多くのウィルス,細菌に関する研究を行い
日米での高い評価を受けます.


しかし,彼はかなり強引に
スポンサーを得たり
踏み倒したり?
お金に関しては悪い評判が多かったようです.

そして遂には
ガーナのアクラで黄熱病原を研究中に自身も感染して51歳で死去。
研究に邁進した一生を過ごしました.

noguchi kanban


苦学生を美化した伝記はいくつも見かけます.
私も小学校の頃
彼の伝記を読みました.



でも時には研究って
多額のお金が必要になるんですよねー.


実験機材や資料製作に
特殊なものを使用することがありますから
研究計画によっては
高額になることもあります.


現在のアメリカでは,
大きな研究費を持っている教授って
立派な教授と言われるくらい(>_<)!
研究費のスポンサーを得ることって
大切なことなんです.
研究費が得られていない研究室は
即刻,おとり潰しとなるそうです(*_*;


日本だと…
そこまでハッキリしていないかな??
でも,夢のあるプロジェクトは
組むのが大変の様です.


まあ,
日本とアメリカでは
研究費の額も違えば
研究のスタイルも
変わってくるようですね.


明治時代のことは分かりませんが
彼なりに苦労したことは多かったのかもしれません.

でも,借りたお金は
返さなきゃダメでしょ(笑)
野口君!(T_T)/~~~

Dr.noguchi?


しかし,このいい香りはなんでしょう???
それは・・・珈琲ィ~

http://www.uyou.gr.jp/aizu-ichibankan/index.html

野口英世青春館の隣は
会津壱番館

のん君一緒だけど大丈夫かな―?
「バギーに入れているのですが…猫,大丈夫ですか?」

店員さんがバギーを見て
「大丈夫!」

良かった―!

ここで,のんママは
お勧めの
カボチャのプリンと珈琲のセット.
カボチャの甘さが控えめで美味しい!
一緒についている抹茶のアイスが
ほろ苦いから
よけい良い!

cake set


のんパパは
野口英世ゆかりのペルー産の珈琲.
う~ん!これはコクがあっておいしい!
比較的,酸味があるからさっぱりもしている様です.
何しろ,香りが良い♡
のんパパは好きみたい.

peru-coffee


レトロな喫茶店で
感じもとても良いし
猫ちょうちん,お勧めのお店です!

写真撮るの忘れてしまったけど
お店のマスターも素敵でした!
in front of ichiban-kan

レンガ通り

珈琲を淹れるフラスコは
なぜか理科学研究のためのフラスコとリンクし
まるで
明治にタイムスリップしたような
趣きのある街でしたー!


今日も見てくれてありがとう!
ランキングのひよ子ちゃんを,クリック!
クリック!にほんブログ村 猫ブログへ

******************************************
スポンサーサイト

コメント

なるほど、野口先生、借金踏み倒してましたか。
聞いてみなければ分からないものですね~。

グットタイミングのコーヒーでしたね。
雰囲気も良さそうだし、にゃんこOKだし、言う事無しでしたね。

**。

ノーベル賞の候補に何度もなりながら
受賞できなかったのは
借金のせいなのでしょうか(笑)???
(うそです!!偉業を成しえた人です!)

コーヒーは香りがたまらなく良いですね.
わたし,大好きなんです!

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://non778.blog134.fc2.com/tb.php/111-ff8d91a9
<< 大内宿 | TOP | レンガ通りと ソースかつ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。