Tweet のんたん麺 猫と旅行と食べ物のブログ

旅する猫のブログ (猫同伴旅行ブログ).猫OKのお店,温泉,ドライブを紹介.1匹の猫と主人達の旅先の記録.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんばれ東北!応援の旅 その11

『がんばれ東北!応援の旅』を始める前に.
この度の東日本大震災におきまして、 被災されましたみなさまには,心よりお見舞い申し上げます。
またお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。また、一日も早い復興を,心から心からお祈り申し上げます。
2011年7月 のんたん麺
......................................


奇しくも,『がんばれ東北!応援の旅 その11』は
3月11日に起きた東日本大震災で世界中にその恐ろしさを伝えた
津波の被災地を訪れます.

1DSC_8967.jpg

当初のルートを変更し,気仙沼に向かったのんたん麺一家.
気仙沼市内に近づくにつれ,のんパパの運転にも緊張がみなぎってきました.

ちょっとセブンに寄ろうか...

いかんせん,その日はものすごい猛暑日.
ずっと運転しているのんパパと,車に乗りっぱなしののん君がダウンするといけないから
コンビニで,アクアタオルなるものと,アイシングシートを購入.

アクアタオルは,水でぬらして首に襟巻の様に巻くもの.
日本って,節電グッズと言いつつ,こういうものを商品化するのが早いなー!

コンビニのトイレでさっそくアクアタオルを濡らしてみる...
どのくらい冷やすんだろー???

すると,地元のおじいちゃんが
「初めて使うのか?」
「はい.どのくらい水を含ませたら良いのでしょうか」
すると,おじいちゃん自らアイスタオル(既に巻いてた!)を取り出して
一緒に濡らしてくれました!

ありがとう!おじいちゃん!

ここはまだ気仙沼市に入ったばかりのところ.
おじいちゃんの家族は元気なのかなーなんて思いながらも
こうやって,元気な地元の方々と触れ合うと
すこし,被災地に入る勇気がちょっとばかり湧き上がります.


1DSC_8969.jpg

気仙沼の駅周辺です.

1DSC_8975.jpg

海が近くなってきたようです.
ところどころの区画に家がありません.

1DSC_8979.jpg

気仙沼の港
なぎ倒された電信柱.

あ!船は一部動いているようですよ.


1DSC_8992.jpg

ちょうど,フェリーから人が降りてくるところに出くわしました.

その横には

1DSC_8985.jpg

なぎ倒されたガードレール.

1DSC_9002.jpg

陸に乗りあがった船.


1DSC_9006.jpg

いつもは手の届くところには無い商店街の看板.


1DSC_9023.jpg

気仙沼はフカヒレが有名ですね.
シャークミュージアムの前も通ってみました.
こんなところまで,船が乗り上げてる.


1DSC_9030.jpg

奥へと進むと...
ここは,加工工場があった地帯でしょうか...

昔,第二次世界大戦の写真を教科書で見た...あの焼野原って...
こういう状態だったのかな.

1DSC_9033.jpg

何もない...絶句.


窓の隙間から,魚の腐敗臭がかすかに感じられます.
開けたら,きっとすごいのでしょう.

車道は作られていて,整備された後の瓦礫は
何区画にもわたって山積みにされていました.

1DSC_9052.jpg

のん君もショックだったのでしょうか...
ずっと眺めている.

でもね,これは...ご存知の通り
始まりであって,すべてでは無かったんです.


のんたん号は
ここから松島方面に向けて
更に大きな被害に見舞われた地域へと
海岸線を南下していきたいと思います.




今日も見てくれてありがとう!
ランキングのひよ子ちゃんを,クリック!
クリック!にほんブログ村 猫ブログへ

******************************************
スポンサーサイト

コメント

ついに気仙沼入りしたのですね。。
おじいちゃん、、温かいですね^^
おじいちゃんのご家族もみんな元気でありますように・・・

未だ、この状態のままなのですね。。
お写真を見てくうちに、目頭が熱くなりました><;
これ以上見たくない、でも、これが現実。

のん君はこの現状を見て何を想ってるんだろう?
きっとのん君なりに何か感じ取ってるのかもしれないですね。
半年たった今でも、復興はまだまだなのですね。
陸に上がった船が痛々しいです。

**。

のんたん号、気仙沼ですか。
得意先の会社、漁師さんがたくさんいます。
震災のニュースを見たり聞いたりすると
涙がとまらなくなります。

おじいちゃん優しかったでしょう。
そういう人が多いのです。

のんまま、のんぱぱ、のんたんありがとう。

気仙沼の今を見て伝えてくれてありがとうです。
正直なところ、震災関連の話題は、いまだにつらいです。頭がグルグルして、心臓がバクバクしてきます。あれだけ通った東北に、未だに行く事もできずにいます。
 あたしのお気に入りだったところは、どんな状態なのだろう…ジッと街並みを見つめるノンタンの頭越しに、あたしも現状を見せていただきました。
簡単に 「復興」なんて、言えない状況なのだろうと思いました。
 お時間があったら、姥湯、滑川温泉にもおいでになってみてください。

 ノンタン、気をつけて旅を続けてね。
どなたかが空爆されたような町並みだっておっしゃっていました。夜は人が寄り付けない程悲しみでいっぱいらしいですね。
でも悲しんでばっかりだとネガティブな気が舞い込んでくるので元気に東北を盛り上げたいですね。
> ついに気仙沼入りしたのですね。。
> おじいちゃん、、温かいですね^^
> おじいちゃんのご家族もみんな元気でありますように・・・

はい。私もそう思っています!

> 未だ、この状態のままなのですね。。
> お写真を見てくうちに、目頭が熱くなりました><;
> これ以上見たくない、でも、これが現実。
>
> のん君はこの現状を見て何を想ってるんだろう?
> きっとのん君なりに何か感じ取ってるのかもしれないですね。

なんと言っていいか、本当に、
自然の威力のすごさを改めて感じたし
なんだろー、わたしの無力さを痛感しました。
のん君もじっと見つめていたのは、
何か感じたのかもしれないですね。
> 半年たった今でも、復興はまだまだなのですね。
> 陸に上がった船が痛々しいです。

そうですね。
Google map で見ると
船が乗り上げたシャークミュージアムが
どれだけ港の奥の方にあるかが分かります。
かなしいです。
> のんたん号、気仙沼ですか。
> 得意先の会社、漁師さんがたくさんいます。
> 震災のニュースを見たり聞いたりすると
> 涙がとまらなくなります。

私も同じくです。

> おじいちゃん優しかったでしょう。
> そういう人が多いのです。

うん!うん!
何の気負いも無く、昔から知っていた人みたいに親切でした!

> のんまま、のんぱぱ、のんたんありがとう。
> 気仙沼の今を見て伝えてくれてありがとうです。

いいえ、こちらこそです。
私は知らないことが多すぎました。
東北の方々に心うたれるばかりです
> 正直なところ、震災関連の話題は、いまだにつらいです。頭がグルグルして、心臓がバクバクしてきます。あれだけ通った東北に、未だに行く事もできずにいます。
>  あたしのお気に入りだったところは、どんな状態なのだろう…ジッと街並みを見つめるノンタンの頭越しに、あたしも現状を見せていただきました。
> 簡単に 「復興」なんて、言えない状況なのだろうと思いました。

頭がグルグルして、心臓がバクバクする。。。
私も横浜で経験した本震災の事を思い出すと
そういった感覚に見舞われます。
本当に、この復興というものは、
ひとことでは、不十分な言葉なのかも知れませんね。
しかし、人の温かさや
人の強さ
そういったものを多く見ることの出来る旅でした。

>  お時間があったら、姥湯、滑川温泉にもおいでになってみてください。

ああああああああああ!
姥湯、滑川温泉!ここ行く予定だったんです!!!!!
号泣ーーーーーーーー
理由はそのうち。。。

>  ノンタン、気をつけて旅を続けてね。

にゃにゃ!
> どなたかが空爆されたような町並みだっておっしゃっていました。夜は人が寄り付けない程悲しみでいっぱいらしいですね。
> でも悲しんでばっかりだとネガティブな気が舞い込んでくるので元気に東北を盛り上げたいですね。

はい!私もそう思いました!
実は復興のための支援は、既に第一次支援は終了し
もはや彼らが自立して生活を営んでいくための支援に移行していることを感じました。
ローン組んで家を建てても
船が無い
仕事が無い。。。では困っちゃいますから。
数日前の朝日新聞(web刊)天声人語にもありましたが
野菜や果物の出荷産地を見て、東北だったら買う!
そんな優しさも、日本人ならではの心なのでしょうか。。。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://non778.blog134.fc2.com/tb.php/229-919f37db
<< がんばれ東北!応援の旅 その12 | TOP | がんばれ東北!応援の旅 その10 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。