Tweet のんたん麺 猫と旅行と食べ物のブログ

旅する猫のブログ (猫同伴旅行ブログ).猫OKのお店,温泉,ドライブを紹介.1匹の猫と主人達の旅先の記録.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんばれ東北!応援の旅 その30 最終回!

IMG_0340.jpg


長らくお待たせいたしました!
のんたん号に座りすぎて、お尻痛くなっちゃった方、
いっぱい続出の事と思います!ごめんね~!
アラシが待つニッポンに戻ってきて、はや2ヶ月が経ってしまいました。
改めて、リスタートしたいと思っております。。。が
何故か最終回!
そう、東北の旅はいよいよ最終回です♡
ほんと、長らく長らくお待たせいたしました!行ってみましょう!



東北は米沢で米沢牛のランチを食べたところでしたよね。
腹ごなしに、いっちょ歩いてみましょうか!

DSC_9564_20120611123159.jpg

ランチを食べた上杉伯爵邸はとっても御庭が有名だし、綺麗です。
のんびり歩くだけでも、ちょっとした散策になります。

DSC_9566_20120611123158.jpg

さあ、ここを後にしてお城に向かいましょう。
米沢は城下街と言ったら良いのでしょうか?
とてもしっとりとした趣がありますね。

DSC_9574.jpg

お堀端を歩くのもまた楽しです!!
のん君も、楽しそう!

DSC_9570_20120611123157.jpg

DSC_9571_20120611123156.jpg

おやおや、何かが見えてきました。
あそこが入り口の様ですね!

DSC_9575.jpg

見えてきたのは上杉家のお城、米沢城の入り口です!

上杉家には有名な武将が多く居ます。
もっとも有名どころとしてはやっぱり上杉謙信公ねー。

DSC_9579.jpg

でも、まだ上杉家が新潟県にあった頃の事です。

米沢に移ってからは
「山本鷹山」(やまもとようざん) さん。
漢字だけ見ると、山本山みたいな名前ぇ~ww
このひとです。。。にゃは!

DSC_9580.jpg

だめだめ!ここ米沢の藩主さんだった立派な方です!
江戸時代中期の政治手腕のある藩主だったとされています。
裾に書いてある言葉は、一度は耳にした事のある方が多いのではないでしょうか?

「なせば為る 成さねば為らぬ 何事も」

これこれ!でも続きがあるんですよ。

「成らぬは人の なさぬなりけり」

ー為(な)せば成る。為(な)さねば成らぬ何事も、成らぬは、人の為(な)さぬなりけりー

本当か嘘かは知らないですけど、調べてみると、JFケネディー元米大統領もこの言葉を座右の銘にしていたとか!
非常に政治手腕のある方で、窮地の米沢藩を立て直した藩主として知られているそうです。

それだけではなく、人を動かす事に関して、
「してみせて、言ってきかせて、させてみよ」
つまり、模範[もはん] ・指導[しどう] ・模倣[もほう]の三段階で人は動くという訓えを広めたそうです。

これは、山本五十六の
「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ」
ってのを思い出しますね。山本鷹山の言葉に褒めるという1ステップを加えたのが山本五十六ですね。
それで褒められて調子に乗っちゃうのが、のんママと、のん君ね(笑)。

しかし山本って名の人は、人の上に立つ人が多いのかな。。。
いずれにしても教育(人を育てる)と言うことが、街を支え、国を支えていく骨格になるわけですね~。
そうやって山本鷹山は、この米沢を救ったそうですよ。


もう一人、ここ米沢、上杉家にゆかりの深い武将がいました!

DSC_9581.jpg

のんたんです!

あ、違った、、、愛の武将、直江兼続です!
こちらは江戸時代前期に上杉家の家老だった人ですね。
妻夫木君のファンであるのんママですが、にわかファンだった事もあり、
残念ながら大河ドラマは見ておりません。。。(´Д` )

しかし、この人もまた、「人こそ組織の財産なり。」と言って、
いわゆるリストラはせず、自ら質素倹約を実行し、新潟から米沢への転封の際の経済的困難の中、国造りに取り組んだとされています。

米沢というところは、確かに国土も大きくはなく、山の中で、当時としたら貧困な地だったのかもしれません。
しかし、ここの人たちが我慢強くあるならば、こういった人格に優れた人たちがリーダーとして存在した事が
唯一の幸運であったのだろうと感じました~。

こんな上司のもとで働きてーです~(((o(*゚▽゚*)o)))!!!!

DSC_9587.jpg

こんな人のもとで働きたいし、こんな人に私たちもなろうね!といって
2人と1匹で拝みました。

いにしえの頃より、幾度も窮地を人と人の結びつきによって乗り越えてきた東北。
今回の津波の被害は、裏側のヨーロッパからも応援の動きがありました。
それはかつて、東北の人々がヨーロッパの窮地を助けたその恩返しだったこと...その15より(http://non778.blog134.fc2.com/blog-entry-234.html)
その人の結びつきは、国を超え、ヨーロッパにもわたっていた精神だったと言うことは
この東北の旅 最期の地 米沢で、納得を得る事ができました。


美味しい東北!名湯の沢山ある東北!名勝の多い東北!
世界遺産も増えました!

こんな素敵な東北が、のんたん麺一家は大好きになっちゃいましたよ!

みなさんは、如何でしたか?
1年かけてのんびり東北をご案内してきましたけど、
まだまだぜんぜんレポしきれません!

また行こうね東北!

IMG_0427.jpg

みなさん
ただいま♡
そして、これからものんたん麺をよろしくお願いいたします!

では次の旅に出かける用意しておいて下さいね!
出発はまもなくでーす!

じゃぱーん!

みなさん!ただいまー!


大変だったぜーい↑
ジュネーブ空港が停電だったんだぜーい!
おかげでフランクフルトに到着前に、予定便が出発しちゃったゼーイ!
それが最終便だったために、フランクフルトで一泊になっちゃたゼーイ!
翌日のフライトを再予約してもらったんだけど、フライトプランはミュンヘン経由で成田へ行くのANAになったぜーい!
本当のことを言うと、せっかくフランクフルトだから、就航したばかりのANA成田直行便に乗りたかったゼーイ!
ミュンヘン行きのフライトは翌日の夕方発だったので、まる一日フランクフルトで時間をつぶさないといけなくなったゼーイ!ソーセージとビールを楽しめるゼーイ!
フランクフルト発ミュンヘン行きに乗って、ミュンヘンに着いた時刻は、成田行きのボーディングタイムだったゼーイ!
また乗れないのかとハラハラしたけど、さすが!ANAスタッフはのんママをピックアップしてくれたゼーイ!
もうANAだから大丈夫と思ったら、3月31日に起きた暴風雨の中、成田空港になかなか降りられず、
成田の上空を何度も旋回させられたゼーイ!
もう一回旋回して降りられなかったら、大阪だぜーいって機長が言うのでビビったゼーイ!

でも、成田に降り立てたゼーイ!

のんパパは待っていたゼーイ!

そして
日本に帰ってきたゼーイ!!!!!!


お待たせしました。のんたん麺復活です!

写真 12-04-19 17 47 05

遠い日本。。。

もう、日本に着く頃だったのに。。。
そ。。。それが、ジュネーブ空港が停電で、大幅に飛行機が遅れて
現在フランクフルトで足止めされております。
全ての予定フライトはキャンセルで、
新たに組まれたフライトは、フランクフルトからミュンヘンへ飛び、
そこから成田へ向かう事になりましたー。
明日は夕方のフライトです。帰るのは仕事が始まる前日になりそうです。
にほん、遠いよ。。。涙

みんなに早く会いたいよ~。

おしらせ!

こんにちはー!
のんママです。

もう少しで日本への本帰国が近づいてきました!

今日も引っ越し準備でおおわらわ!

あっという間の一年でした。
ゴミを出したら、
意外と私の荷物って少なかった事に気づき、ビックリです。
トランク1個半でいいかも~(笑)。


残り2週間となりました。
少し、帰国への準備のためにブログをお休みさせて下さい。
とかいってスキーしたりしてます(笑)

写真 12-03-11 9 43 45


4月から張り切って再スタートです!
なかなか東北終わんない!!
でも、もうすぐ関東に戻りますから、待っててくださーい♡

(^_-) -☆



がんばれ東北!応援の旅 その28

ぷっはー!甘露のお茶でござる!

DSC_9534.jpg


さあ、みなさん注文は決まりましたか?
のんパパはいつも頑張ってくれているのでドドーンとステーキ、
ご飯大盛りでお願いします!
のんママは、久々に日本のすき焼きいっちゃいますねー。

みなさんも、ささっ遠慮なく、注文してくださいな!

DSC_9539.jpg

それにしても、綺麗な庭園です。
庭木も良く手入れされていて...
のんママは、あまり日本庭園を良く知らないのですが
それでも「いいなー」と癒されるのは
日本人だからなんでしょうね。

庭石、樹木や池、水路から芝などを含めて、
庭を一つの造形空間として設計施工すると聞きますが
もはや芸術のひとつなのでしょうね。


DSC_9545.jpg

お庭を眺めながら、米沢の郷土料理も頼んでみました。
塩引寿司です。

DSC_9549.jpg

米沢では鮮魚が手に入らないことから
塩引きした紅鮭を使い、酢飯でにぎったお寿司は
郷土料理として見かける事ができます。
塩引き鮭が、鮮やかな赤なので
紅白に成ることから正月やめでたい席に出されてきたそうです。


さあ、お腹のすく匂いが漂ってきました。
あ"ー!やっぱりステーキが良かったかな~(´Д` )

DSC_9541.jpg

いい焼き加減ですね~。
カンペキ!
のんパパ、ちょっと一口だけちょうだい♡

さささ!のんママのすき焼きもきましたよー。

DSC_9543.jpg

米沢牛は、松阪牛・神戸ビーフと並んで日本三大和牛に数えられています。
調べてみると、米沢牛は明治時代に米沢を訪れた英国人教師によって広まったとされています。
それまで4つ足動物を食べなかったとされていますが、
彼が初めて米沢牛を食用として食べ、あまりの美味しさに
任期終了時に、横浜の港へ米沢牛を連れて帰ったというのですから驚きです。

任期終了時、のんママは...スイス牛はつれて帰りません(笑)。

DSC_9547.jpg

じゃじゃーん!
米沢牛の美味しさの特徴は、その霜降りの極め細やかさで、まさに口の中でとろけるようです...
と説明書には書いてあります。
では実際、食べてみましょう!

DSC_9554.jpg

むむ!

DSC_9556.jpg

溶けたー!!!

なんじゃこりゃ!溶けた溶けた!
口に入れた次の瞬間は、もうとろけちゃってます!

のんパパのステーキも、じょわじょわ~っとお口一杯に広がる肉汁がたまりません!

DSC_9560.jpg

おいしかったー!
皆さんも、お腹いっぱいになりましたか?

DSC_9566.jpg

さあ、では上杉伯爵邸を後にして
すぐ目の前のお堀にそって進んでいきましょう!

DSC_9570.jpg

さ、のん君、起きて!
ここは独眼竜政宗の誕生の地!
あれねー、のんママ小学生だったけど、毎週NHK見てたよ~。

いざ!出陣!

DSC_9578.jpg

きゃー!のんパパ、かっこいー!

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

<< 前のページ     次のページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。